Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11ヶ月 

081228odate1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 ILFORD FP4PLUS 125


このブログを始めたのが今年の1月29日。
それから約11ヶ月が過ぎた。早いといえば早かったなあ。
ブログに写真を載せていくと、季節感をより強く感じる。
その時の自分の見た空気感とでも言おうか、そういうものが写せたらなあって思いながらシャッターを押してきた。
ブログを見に来てくれる人たちや僕が見せてもらった写真たちにいろんな刺激を受けて、どんどん写真を撮るのが楽しく好きになった一年だった。
カメラを初めて所有してからは20年近くが経つけれど、これほど撮影密度の濃い時期はなかっただろうなあ。
このブログを見に来てくれたみなさん、本当にありがとう。
今年はこれが最後のエントリーです。
また来年もがんばりますので、よろしくお願いします。
それでは、よいお年を(=^_^=)




スポンサーサイト
[ 2008/12/29 00:21 ] 点描 | TB(0) | CM(8)

Come to Rest 

081226haikyo.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21 ILFORD FP4PLUS 125


町並みとか漁村とかあちこち狙いを決めて写真を撮りに出掛けて、ふと目に付くものがある。
それはその日の目的とはほぼ無関係のものであったりするのだが、それでも一度気になったら通り過ぎたあとでも頭から離れない。
で、Uターンしてそこへ。
そういう時の気になったものに、行きずりの町の廃工場だったり、生徒のいなくなった廃校だったり、港の隅の廃船だったりがある。
それはなんだか役目を終えてひっそり逝く時間の中でただ身を置いているようなものが多いなあ。
どこかそういうものに惹かれてしまうところがあるようです、僕はσ(^_^;)




[ 2008/12/26 21:51 ] 建物 | TB(0) | CM(2)

Feel Rushed 

081224street.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN400 PRESTO


いよいよ年の瀬、今年も残すところあと一週間かあ。
気ぜわしいのは自分のことよりも周囲に影響されてのほうが大きいようにも思う。
年賀状も作ったし、実家への帰省の準備もそろそろして。
あー、部屋の掃除しなきゃあなあ(>_<)




[ 2008/12/24 22:52 ] 通り | TB(0) | CM(2)

Nothing 

081222jizou2.jpg
CONTAX G2 Planar T* 2/35 FUJI RVP 100


表情は変わらなくても、その表情が無限にある。
みなそれぞれ伝えるべきものを持ってそこに居続ける。
これからは朝夕さぞかし冷えますが、みなさま風邪などお引きにならないようにσ(^_^;)




[ 2008/12/22 22:32 ] 点描 | TB(0) | CM(5)

一輪車の男 

081220ichirinsya1.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN400 PRESTO


「いくらでも止まっていられるから大丈夫ですよ」
いや・・、そうは言ってもバランスとるの、大変そうですよσ(^_^;)
僕は一枚だけ撮らせてもらっておじぎした。
男は街路樹の枝をくぐりながら歩道をこいで行ってしまった。

町で見かけた一輪車の彼を見付けて、早足程度の速度の彼にようやく追いついて
「写真いいですか?」 と声をかけた。
全ての人を上から見下ろす彼は、たいそう気持ち良さそうだった。




[ 2008/12/20 21:18 ] 人々 | TB(0) | CM(4)

さよなら市民球場 

081218stadium2.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN400 PRESTO


三週間ほど前のこと。
所用で出掛けた先でなにやらかなりの人が集まっている。
市民球場だった。カープのOBのオールスターゲームの日だった。
今年一杯でその役目を建設中の新球場に受け渡し、静かに役目を終えようとしている。


[ 2008/12/18 22:35 ] 建物 | TB(0) | CM(0)

漁村迷路 -6- 

081216toyohama2.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN100 ACROS


雨だけでなく風も強くなってきたのは、路地迷路を抜けて港に出た時だった。
港からは東隣の大崎下島へ渡る豊浜大橋が間近に見える。
港の施設の作業場のようなところが屋根があったので雨宿り。
海岸沿いはさすがにさっきまでの路地界隈と比べたら開けている。
いくつか店もあり車の往来もある。
ここの町のたたずまいは果たしていつまで残っていられるのかなあ。
住む人の利便性と情緒は両立するようでもあり、しなくもあるかもしれない。



081216toyohama1.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN100 ACROS


少し雨足が弱まってきた。
港を見るとおばあちゃんが手押し車を押して何かを運んでいる。
まだ傘なしでは濡れるくらいの雨だが、そんなことはおかまいなしのようだ。
振り返ると島の斜面に今たどってきた路地のある家々が、暮れなずむ雨の島に霞んで見えた。




[ 2008/12/16 23:15 ] 点描 | TB(0) | CM(0)

漁村迷路 -5- 

081214toyohama.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN100 ACROS


迷路を抜け、少し広い通りに出た。
雨足は少し強くなってきていて、空も黒い雲が勢力を広げつつある。
ちらほらといた人影も消えて、なんだかひっそりとしてきてしまった。
ここまで来たらあとは海まで出るしかないはずだ。
それが今回のゴール地点だな(^-^)v




[ 2008/12/15 00:12 ] 通り | TB(0) | CM(4)

漁村迷路 -4- 

081212toyohama2.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN100 ACROS


漁村の家は山里とかにはない独特の造形を成している。
海まで一気に滑り降りるような斜面にしか建てられない事情がこういう形を生んだのか。
同種類の形の家が3つ4つ固まって建っていたり、例によって好き勝手な方向を向いていたり。
狭い路地が少し開けた場所に出ると、俄然この家の風貌が目に付く。



081212toyohama1.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN100 ACROS


町のメインはやはり神社のある周辺になるのだろうか。
とは言っても神社の前の道も人ひとりがやっとの路地。そして社は階段を更に上がった先にある。
小さくまとまったこの漁村は、小さな家々が神社を守り固めている要塞集落のようにも思えるなあ<(^^)



[ 2008/12/12 21:58 ] 点描 | TB(0) | CM(4)

漁村迷路 -3- 

081210toyohama1.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80 FUJI RVP100


今回訪れたのは瀬戸内の小島、豊島というところ。
東隣の大崎下島とは橋で繋がっているが、橋はそれだけでその二つの島へはフェリーで渡るしかなかった。
それが先月、豊島と西隣の上蒲刈島との間の豊島大橋が開通した。
上蒲刈島はその西隣の下蒲刈島と、下蒲刈島は本土とすでに橋で繋がっているから、これで晴れて豊島は陸続きになった。
将来は大崎下島と更に東の島々とに橋をかけ、しまなみ海道とつなげる構想らしい。
島の暮らしも橋でずいぶん変わるだろうなあ。

ところで今回の写真、部屋のキャビネットの奥で眠っていたCONTAX645を引っ張り出して何年も前のブローニーを装填して撮ってきました。
でかさに辟易してしまい込んでしまっていたけど、ウエストレベルファインダーでのぞき込んででかいシャッター幕が降りる感触を感じるのはやっぱりいいね。
いかにも写真機で撮ってるって感じ。これからもがんばって持ち出しますかσ(^_^;)




[ 2008/12/10 21:51 ] 点描 | TB(0) | CM(0)

漁村迷路 -2- 

081208toyohama3.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80 FUJI RVP100


人が通るだけの細い路地を降りていく。
上の道路から見て思った通りの家々の密集具合だった。
家の建ち方も規則性はないようで、あっち向いたりこっち向いたり。
それに沿うように路地もぐねぐねと曲がりくねっている。



081208toyohama1.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80 FUJI RVP100


迷路を更に歩いているとポツリポツリと雨が落ち出した。
慌てて雨宿りする必要はなく、狭い路地は両側から家がせり出しているからあまり雨が落ちてこなかった。
それでも家の軒下で様子を見ていると、そこがクリーニング屋だと気がついた。
よく見れば酒屋にたばこ屋に雑貨屋と、こんな細い路地に何件もの店がある。
この細い路地でひとつの商店街と住宅街が成り立っている。
この密度の濃さはよそにはないなあσ(^_^;)




[ 2008/12/08 22:03 ] 点描 | TB(0) | CM(8)

漁村迷路 

081206toyohama2.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80 FUJI FORTIA SP


瀬戸内に点在する島々。
瀬戸大橋やしまなみ海道など、たくさんの橋がかかっている。
つい先月、またひとつ新しい橋が架かった。
その橋を渡り、今までフェリーでしか行くことの出来なかった島へ初上陸。



081206toyohama1.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80 FUJI FORTIA SP


島の中腹を通る道路から一瞬見えたその漁村。
「あ、今日はここだ」とピンときた。
どうにかこうにか車を停める場所を見付けて、いざ、眼下の家々の密集するそのただ中へ(^_^;




[ 2008/12/06 22:45 ] 通り | TB(0) | CM(4)

冬小春 

081110park1.jpg
Zeiss Ikon C Sonnar 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROS


寒くなったりちょっとそれが和らいだり。
服の調節がむつかしい天気が続くなあ。
朝は寒くて着込んで出ても、帰りは雨が降った後だったりで、蒸すくらい。
久々に晴れ間が見えて風も止み、なんだか春のような気がしたのはもちろん錯覚だな(^_^;




[ 2008/12/04 22:45 ] 点描 | TB(0) | CM(2)

森の隠れ家 

081202koya.jpg
Zeiss Ikon C Biogon T* 4.5/21 ILFORD FP4PLUS 125


ひっそりと森の中に立つ小屋。
一階が喫茶店と手作り雑貨の店、二階がギャラリーになっている。
ちょうどこの辺りの写真を撮っている人の写真展をやっていた。
こんな場所でこういうところを発見すると、なんだかうれしくなるなあ。
ゆっくりと時間の経つのを楽しむのにも良い場所だ~!(^^)!




[ 2008/12/02 21:01 ] 点描 | TB(0) | CM(6)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。