Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春を呼ぶ祭 -4- 

090228daruma1.jpg
CONTAX RTSIII Distagon T* 2/28mm Kodak PORTRA 160NC


祭りの露店は食べ物屋だけではない。
こういうところでないと見る機会のないいろんな遊びの露店もたくさんある。


スポンサーサイト
[ 2009/02/28 18:51 ] 人々 | TB(0) | CM(4)

春を呼ぶ祭 -3- 

090226daruma1.jpg
CONTAX RTSIII Planar T* 1.4/50mm Kodak PORTRA 160NC


祭りの楽しみはなんといっても食べ物屋の露店。
次から次へと、おいしそうなものが出てきて目移りしてしまう(^◇^)


[ 2009/02/26 21:21 ] 人々 | TB(0) | CM(2)

春を呼ぶ祭 -2- 

090224daruma1.jpg
CONTAX RTSIII Planar T* 1.4/85mm Kodak PORTRA 160NC


さて、今回の祭り撮影行の主役、ダルマおじさんの登場でありますσ(^_^)


[ 2009/02/24 19:14 ] 人々 | TB(0) | CM(6)

春を呼ぶ祭 

090222daruma1.jpg
CONTAX RTSIII Distagon T* 2/28mm Kodak PORTRA 160NC


その通りが見えてくるとさすがに圧倒された。
僕のイベント物撮影史上最多の人出だな、これは。
広島から東へ。尾道の手前にある三原市。ここで毎年二月の初旬に行われる新明市。
その祭りに出掛けてみた。



090222daruma2.jpg
CONTAX RTSIII Distagon T* 2/28mm Kodak PORTRA 160NC


まずはトレードマークの大だるまを目指して歩く。
だがどうみても人ごみの流れに流されているだけで、自分の意思で歩いたり立ち止まったりはしていない。
カメラを出してみるが・・・どうする? これは手強い被写体だ(^O^;)




[ 2009/02/22 19:51 ] 人々 | TB(0) | CM(2)

雪のモノクロ -2- 

090220yuki1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN400 PRESTO


雪は音を吸収する。
無音の森に雪の落ちる音だけがかすかに聞こえる。
なんだか諸々の日々のもやもやっとしたことでさえ、洗い流してくれるようなσ(^_^;)



090220yuki2.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


白樺の林に行ってみた。
白樺の白い幹でさえ、雪の中では白く見えないなあ。
雪こそ至上の白きもの、なのかもしれないなあ( ´ー`)y-~~




[ 2009/02/20 21:17 ] 点描 | TB(0) | CM(2)

雪のモノクロ 

090218yuki1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN400 PRESTO


まだ北部に130cmの積雪がある頃、果たしてモノクロで雪景色が撮れるか? どんなふうに撮れるか?
ということで行って見ました。
まずわかったことは、吹雪の中では写真は撮れないなあ(; ゚×゚;)
カメラが濡れるのはいやだし、ほとんどなんにも見えない。ということはなんにも写らない。
風の止み間に傘をさしてなんとか撮影。果たしてどうかなあ(^O^;)



090218yuki2.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN400 PRESTO




[ 2009/02/18 21:24 ] 点描 | TB(0) | CM(6)

ベンチの面々 

090216park2.jpg
CONTAX RXII Planar T* 1.4/50mm FUJI NEOPAN400 PRESTO


公園に行くと、まずベンチに座る。
ベンチに座って、行き来する人を見る。
公園の主役はのんびり気分転換にやってくる人たちだ。
その癒しアイテムがベンチだな。
座って居眠りしようが、本を読もうが好きにくつろげる(^∧^)



090216park1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO




[ 2009/02/16 20:38 ] 人々 | TB(0) | CM(4)

御手洗の雪 -6- 

090214mitarai1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


陸の道路や車が発展していくと、自然と流通の手段は海から陸へと移行していく。
海の貿易の中心として栄えた町は、その形跡だけを残して漁業とみかんだけの静かな島に戻っていった。
路地を抜けて海岸沿いに出た。
海の冷たい風がもろに吹きつける。今までは路地で遮られていたんだなあ。
あまりの冷たさにカメラを持っていられなくなってきた。
瀬戸内の小さな島に雪が舞ってきた。



090214mitarai2.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO




[ 2009/02/14 20:27 ] | TB(0) | CM(0)

御手洗の雪 -5- 

090212mitarai1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


御手洗の町は何回か埋立を繰り返している。
島の海岸を少しづつ埋め立てていって、今のような突き出た岬みたいな地形になった。
路地を歩くとその何回目かの埋立の継ぎ目がわかる。
路地がわずかに曲がっているのがその名残だと地元の人が教えてくれた。



090212mitarai2.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


今回はその曲がった「くの字路地」は撮ることが出来なかったが、僕の好みの「迷い込んだ感」がたっぷりの路地がいくつもあった。
この町の路地には栄華の頃の瀬戸内の貿易港の中心として行き交う船や集まる人々でにぎわっていた時間が、置き去りにされてそのまま残っているように感じる。




[ 2009/02/12 21:31 ] | TB(0) | CM(6)

御手洗の雪 -4- 

090210mitarai1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


路地を歩いていくと時計店が見えてきた。
この時計店は以前にテレビで見たことがあった。
古い時計を丹念に修理されている店主の方が映っていた。
修理場と思われるところの窓をのぞいてみたけどこの時は誰もおらず、修理済みの札のついた時計が壁に掛かっているのが見えた。



090210mitarai2.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


窓際に並ぶ時計の修理道具たちを見ると、この道具で時計がまた時間を刻みだすんだなあと、そしてこんな瀬戸内の離島ででもしっかりと時計が直され続けているんだなあと、不思議な気持ちになった。
時計を長く大事に使おうとする人たちの気持ちがこの修理場には集まっている。
僕もカメラを大事に長く使おうと、そう思ったσ(^_^;)




[ 2009/02/10 21:05 ] | TB(0) | CM(2)

御手洗の雪 -3- 

090208mitarai1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


保存地区の常盤町通りの一角にある旧柴屋という江戸時代の町屋(商家)の建物に入って見た。
古い作りがそのまま残され、資料館ともなっているようだ。
奥へ進むと藏があり、その中にこの町の発展と時間を供にしてきた道具達が展示されていた。



090208mitarai2.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


望遠鏡みないなやつは船の航海に使ったものだろうか?
港町のゆかりの道具という感じはするなあ。
ただとなりのタイプライターは果たして航海に使ったのか?
ずらりと並べられた書物はどうも学校の教科書のようだった。
いつの時代のものだろう。この町の一番繁栄していた時期と関連があるものかもしれないなあ。




[ 2009/02/08 22:36 ] | TB(0) | CM(0)

御手洗の雪 -2- 

090206mitarai1.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されていることが、まずは御手洗へ行こうと思った引きがねではあった。
手に入れたガイドマップを見ても、商家、茶屋、船宿、住宅、神社、寺院などが混在していることが見て取れた。
路地は網の目のように巡っていてそこをもれなく歩くことはむつかしいのではないかと思われた。



090206mitarai2.jpg
CONTAX645 Planar T* 2/80mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


こんな町を形成した一番の要素は瀬戸内海の交通の中継港という位置づけであり、様々な文化や生活様式が入っては出て行きを繰り返しこの町に独特の進化をもたらしたということが、町のたたずまいを見ていてやんわりとわかってきた。




[ 2009/02/06 20:06 ] | TB(0) | CM(2)

御手洗の雪 

090204mitarai1.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


呉の町から東へ。瀬戸内を東西に並ぶように浮かんでいる島々。
本土から橋で渡れる下蒲刈島から更に橋を渡り繋いで4つ目の島。大崎下島へと向かった。
江戸時代に栄えた港町、御手洗がこの日の目的だった。
突き出たような地形の、海岸に沿うように立ち並ぶ家々。その前には狭い海峡と対岸の島がすぐそこに見えている。



090204mitarai2.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


江戸時代、当然ここまで来るための橋などかかっている訳はなく、海の交通がいかに重要で発展していったかは想像に難くない。
この町はきっと東西の都市との行き交いの要にもなっていたんだろう。
そんな繁栄の痕跡がちょっとでも見れそうな、そんな予感がした。




[ 2009/02/04 22:44 ] | TB(0) | CM(4)

Hand Out 

090202street.jpg
Zeiss Ikon Biogon T* 2.8/28 FUJI NEOPAN400 PRESTO


交差点でチラシを配る男。
なんだか無機質に配り、通行人はみな無関心で、受け取り、受け取らない。
それでもむなしく配り続ける男。
撮るほうとしては、そういうところがいいんだけどね(^_^;




[ 2009/02/02 20:59 ] 通り | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。