Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

温泉津詣で -4- 

090831yunotsu6.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


僕もナウな髪型にしようか(^_^;


スポンサーサイト
[ 2009/08/31 22:28 ] 通り | TB(0) | CM(4)

温泉津詣で -3- 

090829yunotsu1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


この方、日本ユネスコ協会連盟の会員の方。
僕が古い庄屋屋敷の前をうろうろしていたら、見ていらっしゃいと声をかけてくださった。
帽子とパイプの似合う、ダンディな方だ。


[ 2009/08/29 20:54 ] 通り | TB(0) | CM(4)

温泉津詣で -2- 

090827yunotsu1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


さてせっかく温泉に来たんだから入らない手はない。
温泉津には薬師湯と元湯のふたつの公衆浴場がある。
小奇麗で新しめの薬師湯はパスして、歴史の面持ちのある元湯へ入ってみた。
番台のおばあちゃんにカメラバッグを預け、入ってみると湯船と壁に水道の蛇口のみというなんともワイルドな風呂だ。
湯は濁り湯で、しかも熱い。僕は一瞬つかってギブアップ。
地元のおじさんは平気な顔で入っていた。


[ 2009/08/27 22:26 ] 通り | TB(0) | CM(6)

温泉津詣で 

090825yunotsu1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


石見銀山の大森町を撮り歩く一日前、同じ世界遺産登録されている温泉津へ行ってみた。
石見銀の積み出し港として栄えたこの町は温泉の町でもあり、世界遺産に登録されてからは雰囲気のある温泉街の存在もあり、かなりの人気を博している。


[ 2009/08/25 21:06 ] 通り | TB(0) | CM(6)

向日葵 

090823himawari.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


やっぱり盆を過ぎてからちょっと変わったな。
特に朝夕。涼しくなってきた。
今年はとうとう35度を超えることはなかった。
楽は楽だったけど、ちょっと心配だなあ・・・来年がヾ(;´▽`A``




[ 2009/08/23 21:20 ] 点描 | TB(0) | CM(2)

Late Summer 

090821umi3.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


身近に感じていた暑さも海も、ちょっと距離が空いたような。
相変わらず暑いのは暑いけど、なんか少し変わってきたかなあ。





[ 2009/08/21 21:52 ] 点描 | TB(0) | CM(2)

Water Supply 

090819umi1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


弟「にいちゃんこれうまいよ。どんどん飲みなよ」
兄「う~ん、でもこれちょっと・・糖分がなあ」
・・・(^_^;)




[ 2009/08/19 21:03 ] 人々 | TB(0) | CM(2)

銀山街道 -5- 

090817ohmori1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI SUPERIA PREMIUM400


雨足が強くなってきた。
自転車の親子が僕を追い抜いていく。通りを散策している余裕はないようだ。


[ 2009/08/17 19:05 ] 通り | TB(0) | CM(2)

銀山街道 -4- 

090815ohmori1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI SUPERIA PREMIUM400


しとしとと雨が降っていた。
強い日差しがなくていいなと思ったが、なんとも蒸し暑い。
カメラが濡れるのはいやなので傘は持ってきていたが、まださすほどではない。


[ 2009/08/15 19:01 ] 通り | TB(0) | CM(4)

銀山街道 -3- 

090814ohmori2.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI SUPERIA PREMIUM400


人が住んでいる家、住んでいない家、お店に生まれ変わった家。
大森の町は様々な表情を見せる家が通りに並んでいる。
その様子は竹原や鞆の浦に共通した面もあるようだ。
古い町並みとそれを今に残す活動。その結果の保存の姿。
僕はそこにレンズを向けて、何を見て感じてシャッターを押しているのかなあσ(^_^;)


[ 2009/08/14 18:46 ] 通り | TB(0) | CM(2)

銀山街道 -2- 

090812ohmori1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI SUPERIA PREMIUM400


以前と比べて大森町の通りはこ洒落たお店がちょっと増えているようだ。
どれも古民家をきれいに再生しお店にしている。
昔の通りの様子をできるだけ残そうとしている。
石見銀山は鉱山跡の間歩や五百羅漢が有名だが、僕はこの大森の古い町並みが石見銀山のイメージとして強く残っているなあ。


[ 2009/08/12 19:18 ] 通り | TB(0) | CM(4)

銀山街道 

090810ohmori1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI SUPERIA PREMIUM400


盆前に一回帰省した。
その時にふと思い立ち、途中の古い町に寄り道することにした。
そこは2007年7月に世界遺産に登録されていた。


[ 2009/08/10 19:22 ] 通り | TB(0) | CM(4)

Color Film 

090809street.jpg
CONTAX G2 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/90mm Kodak PORTRA 160NC


モノクロを主に撮っていると、たまにカラーをと思ってもいつカラーフィルムを入れようか、そのタイミングに悩むことがある。
ただ写真を撮りに出掛けようというのであれば、やっぱりモノクロフィルムを入れるし。
あそこのあれはカラーだな、という目的のものがあればカラーフィルムを入れることになるが、モノクロを入れて出掛けた先でカラーで撮りたいものと出くわしても、そうすぐには変えられない。
カラーとモノクロを半々くらいに使っていれば、出合い頭のカラー向き被写体をカラーフィルムで撮れる確率は高まるが、カラーフィルムは年に数回しか使わないからなかなか当たらないよなあσ(^_^;)




[ 2009/08/09 16:57 ] 通り | TB(0) | CM(4)

通りの向こう側 

090803street.jpg
CONTAX G2 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/90mm Kodak PORTRA 160NC


90mmの中望遠で町を撮る。
通りの向こう側を道路を挟んで撮るのにも、90mmならぐっと引き寄せて撮れる。
広角で広がりのある写真もよし、少し離れたところを望遠で切り取るもよし。
ふと気がつくと僕の背後の不動産屋のおじさんが僕をじっと見ていた(; ゚×゚;)




[ 2009/08/03 22:35 ] 通り | TB(0) | CM(2)

独楽の人 

090801koma1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN400 PRESTO


公園でコマを回して綱渡りをさせているおじさんと遭遇。
コマの軸を両手で回して綱渡り、っていうのはテレビとかで見たことあるが、
コマをヒモで回しての綱渡りは珍しい。


[ 2009/08/01 21:28 ] 人々 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。