Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カメラと過ごす一年 

091230park2.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI NEOPAN400 PRESTO


ファインダーの中に季節を追いかける。
それはただ漫然と風景を眺めて、
「春だなあ」とか「暑いなあ」とかいうように季節を感じるのとはまた別の、
長方形に切り取られた中に感じ取れる季節の欠片を探すような、そんな行為だ。
それぞれの季節にいろんなシャッターチャンスがやってくる。
それを見つけるための、カメラは箱眼鏡のようなものだな、きっと。




スポンサーサイト
[ 2009/12/30 19:41 ] 点描 | TB(0) | CM(10)

木枯らしの休日 

091226park1.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI NEOPAN400 PRESTO


今年は暖冬だと言いながら、とてもそうとは思えない寒風吹きすさぶ師走。
暖かい陽射しが恋しいなあ。
冬らしい冬は、そうあるべきだと思うけど・・・早く春来い<(^^)




[ 2009/12/28 20:07 ] 点描 | TB(0) | CM(6)

歩道の常連 

091226inuhato.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI PRO400


犬と鳩に餌をやる女の子がいた。
その子は家に入っていったが、犬も鳩も「まだまだ足りないなあ」と、
女の子が出てくるのを待っている。
歩道を歩く人、ちょっと遠慮してくださいな(*^^*)




[ 2009/12/26 20:08 ] 通り | TB(0) | CM(0)

市場の騒めき -5- 

091224aiyuu1.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI PRO400


買い物をする人たちや店の人の声、大通りの車の往来の音、市場を取り囲むビル群の間で響く音。
なにかしらいろんな音が混ざり合い、市場の通りを駆け抜けていくようだ。


[ 2009/12/24 19:48 ] 人々 | TB(0) | CM(2)

市場の騒めき -4- 

091222aiyuu3.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI PRO400


どこの店をのぞいても、やっぱり店先での会話が見られる。
いろんな情報が交わされ、そこから新たな情報が発信される。
インターネットのなかった時代、ひょっとしたら各方面の情報は、
こういった店先の会話から聞いたり教えたりがされることで広まっていってたのかもしれないなあ。


[ 2009/12/22 20:16 ] 人々 | TB(0) | CM(2)

市場の騒めき -3- 

091220aiyuu1.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI PRO400


「おいしいみかんちょうだい」
店をのぞくなり開口一番の声が聞こえた。
どの店でもお店の人とお客さんとがあれこれやりとりしている様子が見れる。


[ 2009/12/20 17:10 ] 人々 | TB(0) | CM(4)

市場の騒めき -2- 

091218aiyuu1.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI PRO400


年末が近づくと、それこそ師も走る月だから、市場とかの活気のある様子がテレビで放映されたりする。
気分的にはそんな感じもしてそういう様子を見たくて、市場にやってきたところもある。
実際にはお正月の準備で食材を買うのならもっと押し迫ってからかなあ。
でもせわしなくあちこちの店を行き来する人たちを見ていたら、
なんだかお正月の準備で奔走しているようにも見える。


[ 2009/12/18 20:29 ] 人々 | TB(0) | CM(2)

市場の騒めき 

091216aiyuu1.jpg
Zeiss Ikon Voigtlander HELIAR 50mmF2 FUJI PRO400


以前撮ったことのある同じ場所でも、一定期間を置くとまた撮りに行きたくなる。
前回から何か変わっているだろうか、とか、新しいものを見つけて撮れるかもしれない、とか。
自分自身の撮り方でさえ、毎回同じではないのだし。


[ 2009/12/16 19:56 ] 人々 | TB(0) | CM(4)

島に添う道 -6- 

091214kurahashi1.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Distagon 2.8/35mm T* Kodak PORTRA 160NC


長い路地を抜けると、海に出た。
まあ海岸に沿って歩いていたんだし。
見えてなかったとは言え、家1~2軒を隔ててすぐに海だったんだから。


[ 2009/12/14 18:38 ] | TB(0) | CM(2)

島に添う道 -5- 

091212kurahashi1.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar 1.4/50mm T* Kodak PORTRA 160NC


少し陽が傾いてきた。
家と家の間からいろんな形に切り抜かれた陽の光が射し込まれてくる。
それにしても路地に入ってから、ずいぶん長いなあと感じた。
今まで歩いたことのある島の路地はもっと短く、直角に曲がっていたりしていたのだが、
ここはちょっと違うようだった。


[ 2009/12/12 17:51 ] | TB(0) | CM(4)

島に添う道 -4- 

091210kurahashi1.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar 1.4/50mm T* Kodak PORTRA 160NC


だんだん歩くのが軽快になってきた。
路地は結構長く続いていた。
表通りから隠れたこんな通りには、
つい立ち止まってレンズを向けてしまいたくなるものが点在している。


[ 2009/12/10 19:57 ] | TB(0) | CM(2)

島に添う道 -3- 

091208kurahashi1.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar 1.4/50mm T* Kodak PORTRA 160NC


当てもなく町の通りを歩いて、また当てもなく路地を見つけて入ってみる。
人ひとりがやっとの細く奥に伸びる路地。
ふとそこに鮮やかな色があるのが目に飛び込んできた。


[ 2009/12/08 19:35 ] | TB(0) | CM(6)

島に添う道 -2- 

091206kurahashi1.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar 1.4/50mm T* Kodak PORTRA 160NC


一度海に出てから海沿いの町の中を歩いてみた。
通過することはあってもここを目的地にしたことはなかったから、見る家・歩く路地、全てが初めての景色だった。


[ 2009/12/06 18:42 ] | TB(0) | CM(8)

島に添う道 

091203kurahashi1.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar 1.4/50mm T* Kodak PORTRA 160NC


「ここの住人ですが、なにか?」


[ 2009/12/04 19:57 ] | TB(0) | CM(6)

その町の普通 -6- 

091201akitsu1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar 1.5/50mm T* FUJI NEOPAN100 ACROSS


ひと通り大きな道から小さな路地までを歩いてみた。
この町独特の、ほかでは見れないもの・・・そういうものはなかった。
きっとどこにでもあるもの、どこでも見れるものがここにもある。
そうであることがこの町の普段の姿であり、この町の魅力なんだなあと、そう思うようになった。
そしてこの町にまたいつものように、夕暮れが近づいてきた。


[ 2009/12/01 19:44 ] | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。