Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

島の密度 -6- 

100429shima1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Biogon 4.5/21mm T* FUJI NEOPAN100 ACROSS


高台から再び町の深部へと下りていった。
よく見て歩くと、建物や通りに豊かな表情を見つけることができるのに気がついた。
何でもない風景、それが豊かな表情になりうる。
そんな魅力がこの島の町にはある。


スポンサーサイト
[ 2010/04/29 12:49 ] | TB(0) | CM(4)

島の密度 -5- 

100312shima13.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar 1.5/50mm T*  FUJI NEOPAN100 ACROSS


路地を抜けると不意に視界が開けた。
島の山際の斜面へと続く道を行くと、高台へと出た。
濃密な島の集落の中から急に開放されたような気分になり、
先ほどまでの路地がもっと遠くの全く別の場所だったような気がした。


[ 2010/04/26 16:59 ] | TB(0) | CM(6)

島の密度 -4- 

100301shima7.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Biogon 4.5/21mm T* FUJI NEOPAN100 ACROSS


迷い迷い路地を進む。それにしてもひとけがない。
だれひとり通らない細い路地を歩いていると、この町には誰もいないんじゃないだろうかと思ってしまう。
ふと立ち止まり耳をすますと、ぼそぼそと声が聞こえてきた。
どうやらそれはテレビの声のようだった。
そんなかすかな声で僕はこの町の静かな脈動を感じた。




[ 2010/04/24 14:57 ] | TB(0) | CM(4)

島の密度 -3- 

100312shima5.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Biogon 4.5/21mm T* FUJI NEOPAN100 ACROSS


島の路地を進むと網の目のように枝道が現れてくる。
その網の目を全て通ってみようと思うけど、どこが通った道でどれがまだなのか。
いや、それ以前に今僕はどこにいるのかさえわからなくなってくる。
そんなちょっと迷ってしまったような感覚を、僕は楽しんだ。




[ 2010/04/22 14:47 ] | TB(0) | CM(2)

島の密度 -2- 

100301shima6.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Biogon 4.5/21mm T* FUJI NEOPAN100 ACROSS


密集集落の中を歩いてみた。
ひっそりと人影もない路地に、その集落の生活の道筋だけが通り抜けていた。




[ 2010/04/20 14:31 ] | TB(0) | CM(2)

島の密度 

100301shima3.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Biogon 4.5/21mm T* FUJI NEOPAN100 ACROSS


たくさんの島のある瀬戸内海。
そしてどの島も例外なく、そこにある集落はわずかな狭い平地にここぞとばかりに家々が密集している。
島の集落を訪ね歩くと、そういった共通の集落の様子が印象深い。




[ 2010/04/18 14:15 ] | TB(0) | CM(2)

Early Spring -7- 

100331onomichi30.jpg
CONTAX G2 Planar F2/35mm T* FUJI PRO400


不思議な活気が粘り強く残る商店街。
しかし、山の手は空き家や廃屋が増えつつある。
カフェとかのお店としてやっている以外では、もう今以上に住居として山の手の家々が発展することはないだろう。
民家の再生の活動をしている方々もがんばっていらっしゃるが、この町の大きな特徴であり魅力である山の手が
すさんでいかないことを願っています。


[ 2010/04/16 16:31 ] | TB(0) | CM(2)

Early Spring -6- 

100331onomichi24.jpg
CONTAX G2 Planar F2/35mm T* FUJI PRO400


この商店街にある高級かまぼこ屋さん。
いつも素通りだが今回はちょっと店内に入ってみた。
およそかまぼことは思えないお値段の、それは料亭の高級重箱みたい。
折りしも花見弁当ならぬ花見かまぼこ重とでも言えそうな見本が誇らしげに陳列されていた。
僕が店を出たあと、途切れることなく入るお客さんの数に、いやいやこの町はまだまだすごいなと思ったσ(^_^;)




[ 2010/04/14 14:43 ] | TB(0) | CM(4)

Early Spring -5- 

100331onomichi28.jpg
CONTAX G2 Planar F2/35mm T* FUJI PRO400


この町の商店街は、この町だからというだけで、なんかちょっと違う気がする。
どこにでもある同じような店が並んでいるのに、それでも違う。
今まで何度となく訪れて、そのたびに同じ場所で立ち止まっていることに、ふと気がついた。




[ 2010/04/12 16:26 ] | TB(0) | CM(2)

Early Spring -4- 

100406onomichi1.jpg
CONTAX G2 Planar F2/35mm T* FUJI PRO400


山の手から商店街へと下りてきた。
こんなアーケードの下でも、通りのものたちの色の放つ光がやんわりと春の気配を帯びているような、
そんな気がするのは、気のせいかなあσ(^_^;)




[ 2010/04/06 22:38 ] | TB(0) | CM(4)

Early Spring -3- 

100404onomichi1.jpg
CONTAX G2 Planar F2/35mm T* FUJI PRO400


小さな野点の店をのぞいてみた。
庭先の桜がちょっとだけ花を開いていた。
この一角でようやく間近で春を見ることができた。


[ 2010/04/04 16:43 ] | TB(0) | CM(4)

Early Spring -2- 

100402onomichi1.jpg
CONTAX G2 Planar F2/35mm T* FUJI PRO400


線路をこえて町の山の手へと向かう。
桜にはちょっと早かった。まだ咲き始めの桜をちらりと見て、僕は坂を登り始めた。


[ 2010/04/02 19:49 ] | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。