FC2ブログ

Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

Hydrogen 

090708street1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


テレビでノルウェーの水素への取り組みの番組をやっていた。
ノルウェーってすごい。石油や天然ガスがたっぷり出るのに、水力・風力・太陽光などのクリーンな発電に力を入れている。
水素ステーションも次々と建設し、日本の水素エンジンの自動車を導入している。
環境についてはもはやひと事ではないところまで来ている感があるし、そういう意味でいつかはフィルムからも離れる日がくるのだろうなと、ふと思った。
まあまだフィルムに関わる環境への影響よりも、もっと手を入れないといけない影響の大きいものがたくさんあろうから、そいつらからが先だな。
それまではたっぷりとフィルムで撮るだけです(^_^;




[ 2009/07/08 21:08 ] 通り | TB(0) | CM(6)
確かに、資源国でありながら地球環境を考えられるのって、すごいですね。
銀塩写真が環境破壊につながっているか? 
それより僕は超短命なデジカメの方が気になります。
リサイクルももっとしっかりしなきゃ。

[ 2009/07/10 12:45 ] 狛 [ 編集 ]
水素エンジン、地元MAZUDAがロータリーで勝負をかけていますね。
頑張って欲しいものです。

究極のクリーン・パワーソースは、お写真のおじさまの「人力」!
そのおじさまの見つめる先はどんな未来なのでしょうか。
また、十字架を背負ったように見えるこちらの工場からは、どんなエコ発明が生まれてくるのでしょうか・・・。
お写真とキャプション、今回も絶妙の関係ですね!

[ 2009/07/10 22:12 ] Syari [ 編集 ]
>狛さん
そうか~、確かにデジカメの節操のない新モデルのサイクルは
もっと問題視されてもいいですよね。
銀塩カメラは20年30年平気で使うけど、
そんなに使い続けられるデジカメは今のところあり得ない。
銀塩カメラと同等の使用期間を実現してこそ初めてデジカメも銀塩に追いついたと言えるね。
[ 2009/07/10 22:27 ] snap.com [ 編集 ]
>Syariさん
ありがとうございます。
実は僕はその会社に勤めているので、
この嵐のような過渡期の只中で日々やきもきしています(^_^;
写真と文のご指摘、言われて初めて、という訳ではありませんが、
ここまでは意識していなかったのでびっくりしました。
十字架っぽいなとは思っていたけど、それがこれから先に背負うものとも見えるし、
その一歩をペダルのひとこぎで進み出しているようにも見えますね。
Syariさんの、この工場からのエコの発明と言われたのにもびっくり。
ここはリサイクル品収集業者が集めたものを保管しておく倉庫なんです。
写真だけだとわからないけど、なにか伝わるものがあるんでしょうか?(^O^;)
[ 2009/07/10 22:38 ] snap.com [ 編集 ]
わー、そうだったんですか!
私もびっくりです。
ほんと、お写真からバシバシと伝わってくるものがありましたよ。
snap.comさんのお写真の力です!
[ 2009/07/10 23:01 ] Syari [ 編集 ]
> Syariさん
Syariさんの写真を見る洞察力もさすがです。
こういう写真と文の関係、なかなか狙って作れるものではないので、
偶然の力も借りてこれからもこういうエントリーを載せていきたいです。
[ 2009/07/11 18:12 ] snap.com [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する