FC2ブログ

Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

残暑の海峡 -4- 

090925ondo2.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


高台の景色をひとしきり眺めてから、鰯浜集落の深部へと降りて行く。
上から見て想像していたとおりの日常がそこにあった。




090925ondo1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


この集落も前回の呉の両城地区と同じく、平地の少ない島だから山の上へ上へと家を建てる場所を求めて行ったみたいだ。
そこから平地へと降りて行くと、お互いの屋根の軒先がひっつきそうなくらいの狭い路地が張り巡らされていた。
車の通らない家と家が近い町は住んでいる人がお互いの顔を見ながら生活しているだろうから、より親密さが増してつながりの強い町になるような気がするなあ!(^^)!




[ 2009/09/25 19:39 ] | TB(0) | CM(4)
ぼくは県西部に生まれ育ちましたが、当時住んでいた借家は隣家とのすき間が1メートルもなく、
その間に入って遊んだり、日常の通路として歩いていた覚えがあります。

隣家の息づかいが聞こえてくるのは良いとしても、隣家の広報ばばが、あることないこと近所に
ふれまわることに母はずいぶんと辟易していた様子でしたが(笑)
[ 2009/09/26 07:02 ] うっしー [ 編集 ]
>うっしーさん
確かに近すぎて不都合な面もあるでしょうね。
伝わりすぎるというか、ちょっと距離がある場合のほうがいいこともあるかな。
僕は子供の頃にはこんな路地はないところに住んでいたから、この歳になってこんなに路地にはまるとは思ってなかったけど、逆に過去に関わりがなかったからこんなに惹かれるのかなあ。
[ 2009/09/26 21:55 ] snap.com [ 編集 ]
過去に関わりがあったけど、今では点と点でしか存在し得ない
マンション暮らしだから、惹かれることもある訳でして。

マイナス面を知っているだけに、素直に良いなぁとは思えませんが、
ノスタルジックに見ようとしてしまう年齢でもあります(笑)
[ 2009/09/26 22:03 ] うっしー [ 編集 ]
>うっしーさん
確かに実際に住むのとたまに訪れて写真を撮って帰るだけとでは、いいかそうでないかの基準は全然違うでしょうね。
本当は住んでいる人の「ここはいいよ~」っていう気持ちが伝わるような写真を撮りたいなあと思いますが、外面から現実のすべてはそう簡単には見えてこないでしょうからねえ。
[ 2009/09/26 23:16 ] snap.com [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する