FC2ブログ

Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

残暑の海峡 -6- 

090927ondo2.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


音戸大橋のたもとまで下って橋を見上げた。
これだけ大きな建造物も、ここでは違和感はない。
鰯浜の昔ながらの町は少し山の方へ寄ったあたりに集まっていたようだ。
海に近づくと古い家や路地は消え、新しい店や旅館が建っている。




090929ondo1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


また音戸の渡しの船着き場へ戻ってきた。
まだまだ暑い。ちょうど今頃さっきの銭湯が営業を始めた頃だろう。
やっぱり入ってくればよかったかなあ。
海峡の空を見上げると、秋の訪れはまだもうちょっと先のようだった。



090929ondo2.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm FUJI NEOPAN100 ACROSS




[ 2009/09/29 19:55 ] | TB(0) | CM(4)
こんばんは。
「残暑の海峡」シリーズ、興味深く拝見しています。
たもとから見上げた音戸大橋・・・実は鰯浜の音戸大橋のすぐ近くに私の親戚がいて、幼い時はよく遊びに連れてこられていたので、1枚目のお写真に懐かしい記憶が蘇りました。
屋根の上まで車がグルグル回って上り下りする音戸大橋の螺旋道路は、幼心には怖く感じる巨大な建造物でした。
鰯浜の狭い路地、海辺の町の独特の雰囲気、何十年経っても消えていないようですね。
久しぶりに音戸に行ってみようかと思いました。
[ 2009/09/30 19:44 ] Syari [ 編集 ]
>Syariさん
いや~、そうでしたか。
ここはSyariさんの根源にある心象風景だったかもしれないですね。
僕は小舟で渡って行くというシチュエーションが気に入っていて、二度目の訪問になりました。
鰯浜の高台から集落ごしに音戸大橋を撮ったりしましたが、
音戸の瀬戸はこの海峡の狭さや町並みに、橋があってこその風景ですね。
平地の少ない島ならではの町の育ち方も、海岸から山の手へ、
そして古い建物が新しく、と時間の経過が町をかたどってる感じですね。
[ 2009/09/30 22:20 ] snap.com [ 編集 ]
こんばんは。
1枚めの着眼点に、まず驚きました。
また、両城や今回の一連のお写真を拝見するにつけ、
フィールドワークの奥行きを感じます。

snap.comさんの軽やかなフットワーク、
大いに見習いたいと思います!
[ 2009/09/30 23:07 ] うっしー [ 編集 ]
>うっしーさん
ありがとうございます。
一枚目は橋のループの形状がもっと出たらよかったんですけど、主役は洗濯物だったので(^_^;
両城はロケーションにかなり高揚しましたが、いかんせんあの階段、
自分の体力のなんたるかを思い知らされました。
音戸もそうですが、休みの朝どこへ出かけようかとうだうだ考えて時間をロスするので、
なかなか軽やかとは言いがたいですヾ(;´▽`A``
[ 2009/09/30 23:14 ] snap.com [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する