FC2ブログ

Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

尾道回顧 

091003onomichi1.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar T* 1.4/50mm FUJI PRO400


7月に尾道に行った時の写真をアップしていたけれど、実はその時別のカメラでも撮っていた。
ただそのフィルムが撮りきらないままでカメラに入りっぱなし。
(こういうこと、よくやってしまいます。実はほかのカメラでは去年入れたフィルムがまだ入ったまま、、、(>_<))
いつまで経っても最後まで撮り切らないから、途中で巻き戻して現像に出しましたσ(^_^;)




091003onomichi2.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar T* 1.4/50mm FUJI PRO400


この時初めて足を踏み入れた尾道の飲屋街エリア。
昼間の飲屋街は一種独特の閑散とした雰囲気が漂ってる。
昼の顔と夜の顔、ふたつの顔を持つ通り。
いつかここの夜も撮ってみたいなあ。



091003onomichi3.jpg
CONTAX RXll Carl Zeiss Planar T* 1.4/50mm FUJI PRO400




[ 2009/10/03 19:54 ] 通り | TB(0) | CM(4)
この飲屋街、Syariさんに案内してもらいました。(看板に見覚えがあります(笑))

1,2枚目のお写真、路地の突き当たりで子どもが遊んでいるのでしょうか?
ぼくなぞが昼間の飲屋街を撮ると、ただ閑散とした様子を撮るだけに終始して
しまうのですが、この2枚を拝見して、思わず「なるほど!」と膝を打ちました。
[ 2009/10/03 21:00 ] うっしー [ 編集 ]
おっ、「舞子」さんですね。
なるほど、snap.comさんは、こういうふうに撮られましたか。

乱立しているような電飾看板は、意外にも整然と並んでいて、それぞれが個性的な顔を出している・・・。
なかでも和装の「舞子」さんは、洋装のライバルたちに負けじと、奥まった二階からか細い手を思いっきりのばしている・・・。
そんな夜の街の泥付いた生存競争を知らずに、明るい光の中で無邪気に遊ぶ子どもたち・・・。
・・・というふうに拝見しました。

私も同じ所を撮ったのですが、やはり視点の持っていきようは違うものですね。
勉強になります!
[ 2009/10/03 22:40 ] Syari [ 編集 ]
>うっしーさん
たしかにこの時は路地の奥でこどもたちが遊んでいました。
でももしこどもたちがいなかったら、誰かが通りかかるまで待つかどうか?
ちょっと待って誰か通るならいいけど、何十分もは待てないかなあ。
この時は真夏の炎天下だったですし。
そうなるとやはり無人の通りを撮ってたと思います。
自分がその場に居合わせた時の状況が自然な被写体との巡り合わせかなあと思ってます(^_^;。
[ 2009/10/03 23:25 ] snap.com [ 編集 ]
>Syariさん
飲屋街の看板は人が立った状態の高さの視線だと
各々が重ならないようにうまく配置されているんでしょうか。
和装と洋装! まさにそうですね!!
舞子さんの写真の4つの看板はまさにその関係が成り立ってますね。
>洋装のライバルたちに負けじと、奥まった二階からか細い手を思いっきりのばしている・・・。
うむ~、すごい絵解きだ~。本当にそういうふうに見えてきます。

明るいうちだけ息を潜めている通りで、夜の通りとは接点のないこどもたちが遊ぶ。
これも昼と夜とのギャップを強く感じさせますね。
おなじものも撮る人の数だけ違う写真があるんでしょうね。
それがまたおもしろいですね!
[ 2009/10/03 23:51 ] snap.com [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する