FC2ブログ

Snap Days

フィルム、モノクロ、ツァイスで。

風早の風 -4- 

091104kazahaya1.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


今から約1300年前の歌集に載っている歌が詠まれた町。
そう聞いただけでその1300年の時の経過を感じられると、
そんな錯覚をしてもおかしくない。




091104kazahaya2.jpg
Zeiss Ikon Carl Zeiss C Biogon T* 4.5/21mm FUJI NEOPAN100 ACROSS


妻の歌 「君が行く 浜辺の宿に霧立たば 吾が立ち嘆く息と知りませ」
夫の歌 「わがゆえに 妹嘆くらし風早の 浦の沖辺に霧たなびけり」

旅立つ夫を心配する妻の歌と、心配する妻を思う夫の歌。
この歌に1300年前も今と変わらない、人が人を思う気持ちがあったと知らされ、
海から吹く、その時と同じ風がきっと今日も吹いているんだと、そんな気がした。





[ 2009/11/04 20:08 ] | TB(0) | CM(4)
今晩は♪
今日載せてくださると言うので楽しみにしておりました。
良い歌ですね。人の気持ちは1300年経ってもあまり変わらないと つくづく思いました。
今日のお写真も この様なお話を伺うと観方が又全然深くなりますね。
ありがとうございました。 
[ 2009/11/04 22:05 ] summer-christmas [ 編集 ]
>summer-christmasさん
この歌碑の横に歌についての詳しい解説の案内板があったんですが、
その内容までメモしてなかったです。
もっと詳しい解説を読むと、この歌にこめられたものが更によくわかると思うのですが、
僕なりの解釈だとここまでですσ(^_^;)
でも専門の解説がなくてシンプルに読むだけでもなにかしら伝わってくるものはありますよね。
そういう歌のイメージと写真とがうまく馴染んでくれたらなあと思ってます。
[ 2009/11/04 22:41 ] snap.com [ 編集 ]
こんばんは。
素敵なお写真とキャプションに感動しました。
1枚目の神社のお写真、とても好きです。
鳥居越しに伺える町の表情、空気までもが伝わってくるようですね。

歌が詠われてから1300年、きっとこの地には昔と変わらぬ時間が流れているのでしょうね。
[ 2009/11/04 23:33 ] sada_yama [ 編集 ]
>sada_yamaさん
ありがとうございます。
歴史に造詣が深い訳ではないんですけど、こういった話を聞くと
この町の背景に過去の景色がかぶさってくるような気がします。
普段そんな状況に出くわすことは稀で、だからそういう場所を求めて
カメラを持って出掛けているっていうのもあります。
それが見に来てくださるみなさんと共有できたらいいなって思っているので、
sada_yamaさんのコメントはとても嬉しかったです。
[ 2009/11/05 20:09 ] snap.com [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する